Blog

P2Pのシステムについて

この記事では
①P2Pの入店の流れ
②店内のシステム
③料金システム
についてご説明しています。
すでにご来店いただいたことがある方は①②は飛ばして③からご覧ください。

①P2Pの入店の流れ
CryptoBarP2Pでは日本円が一切使えません。
その為支払いに際しては、お持ちのウォレットに暗号通貨をご用意いただく必要がございます。使用できるのは下記の通貨です。
BTC、ETH、WETH、USDC、USDT、

P2PはNFT会員権制(1Monthly Pass,1Yearly Pass)となっておりますが、ドロップインで1日限りご入場いただくことも可能です。(1Day入場
それぞれのプランについては「②料金システムについて」にて後述します。

下記の流れで支払いを行っていただいております。


1Day入場する場合、取引所からの送金だと作業に時間がかかることから、個人所有のwalletからの決済をオススメしています。事前決済にも対応しているため、事前決済をご希望の方はCryptOBar P2P公式TwitterまでDMをお願いします。
NFT会員証の購入方法についてはこちらの記事をご覧ください。

②店内のシステム
P2Pでは会員のみなさまに、P2Pで心置きなくくつろいでいただきたいという思いから、飲み放題(時間制限なし)、完全セルフサービス制をとっております。
壁面の棚からグラスをとってお好きなドリンクをお召し上がりください。
メニューについてはこちらからご確認ください。

一度お支払いいただいた後は、自由に出入り可能です。
お腹が空いたら、店内で知り合った人と近くのお店に抜けてもよし、食事の前にさっと一杯飲んで、帰る前にまた戻ってもよし。ご自由にご利用ください。

③料金システム
9月から、P2Pの料金体系が変わりました。
お支払いをされる全ての方にP2Ptokenが付与されることと、各料金プランの価格変更です。
またETHの価格変動によって、NFT会員証の価格も変更になる場合があるため最新のNFT会員証の価格はこちらをご確認ください。



1Day料金は名目上値上がりしましたが、上がった分の価格に換算したP2P token(以後$P2Pと表記します)が付与されます。そのため実質的には$4の値下げになります。

100$P2P=1USD

1Monthly Passは、同伴者枠がなくなった分、少し値下げし$P2Pが付与されます。
また来店する度に$P2Pが付与されます。

1Yearly Passの価格はそのままです。同伴者枠も今までと同じ。1名無料で同伴できます。$P2Pも付与されます。そして1Monthly Passと同じく、来店する度に$P2Pが付与されます。





$P2Pの使い道としては下記があります。
・同伴者の入場料に充てる
・後日自分の入場料に充てる
・$P2Pを貯めて月パスや年パスの購入費に充てる。
・店内の有料ドリンクを購入する。
・店内のくじ引きや物販の購入に利用する。

※$P2Pはトークンの為、もちろん使用期限はありません。長くいればいるだけ、トークンが溜まり、お得にご利用いただける仕組みになります。

$P2Pの利用用途については今後拡大予定です。
ぜひご期待ください。

以上、新しくなった料金システムについての説明でした。
Infomation